Staff Long Interview
先輩スタッフがじっくり語る 職種別ロングインタビュー

直接感じるお客様の声や反応は
やりがいとスキル向上に繋がる

EC受注管理/運営 サブマネージャー

入社8年目 30代女性

●入社の理由

“お客様対応+事務”といったスキルが活きた

私は以前、日本のデパートに勤務していました。この接客業というジャンルは私にとってとても相性が良かったようで、経験とスキルを重ねながら、充実した日々を送っていました。

ところがです(笑)。私は、ある時友人と行った旅行をきっかけに、この国、タイの素晴らしさに魅了され、すっかり心を奪われたのです。「私は、ここで暮らしたい。」そうなったら、もういてもたってもいられません…。まずは親を説得!そしてすぐに現地(バンコク)に飛び、語学学校に通う傍ら、事務の仕事をみつけ生計を立てるといった生活が始まります。

そして、(当然、その後も紆余曲折ありましたが…)そんな初の海外暮らしも数年が経ったある日…、突然ムクムクと私のなかに沸き始めたのが、かつて日本で学んだ“接客スキル”をこのバンコクでも活かしたいという想いでした。F&GのEC受注管理/運営スタッフの業務は、そんな想いと、“お客様対応+事務”といったスキルを持つ私にとってまさに最適な内容だったのです。

●やりがいや厳しさ

会社の顔としての対応と責任を迫られる

EC受注管理
私たちの業務において、一番に必要とされるものは“想像力”だと考えています。F&G のEC受注管理/運営業務は、コールセンターとは異なり、お客様とのやり取りはほぼ“メール”での対応です。電話での対応よりも一見簡単そうに感じますが、それはまったくの誤解。時に人の機微に触れるようなニュアンスを、無機質な“テキスト”によって伝えなければいけないメール対応は、実は非常に難易度の高い作業であり、誤解を受けてしまうリスクが常に伴う緊張感のある業務です。そこで必須となるが、前述の想像力。会社の顔として、徹底的にお客様からの視点(立場)を想定し、ニーズを先回りすることでゆとりをもって対応することが何より大切です。また、F&Gではお客様への対応速度に直結するタイピングテストを定期的に実施するなど、そのサービス品質を厳しく維持するための環境があります。EC受注管理/運営は、確かに簡単な仕事ではありません。しかし、だからこそ、プロとしてのやりがいを実感できる職種だと感じています。

●成長した点

思いを共有できる仲間をつくりたい

自ら言うのもなんですが、入社して以来、本当に成長の連続でした。特に、メインの業務に伴う基礎的スキル「メール文章作成」「タイピング」「業務処理速度」は、かなりの向上が図れたのではないかと自負しています。また、経験を重ねるなかで、様々な状況に応じて最適な対応を選択出来る「判断力」も身に付いたと感じています。現在においては、指導的な立場にもあることから、これまでのプレイヤーとしてのスキルに加え、目下、マネジメント面でのスキルも獲得中です。F&Gでは、このように次の目標(キャリア形成)もしっかりしているので、高いモチベーションを保つことができています。日々のルーチンワーク以外にも、お客様と日々接している唯一の部署として制作チームに意見出しをするなど、制作分野の知識が得られるのも、とても良い刺激になっていますね。

●会社のいいところ

日本と段違いのワークライフバランスの良さ

ワークライフバランス
業務やスキルについてお話をさせていただきましたが、仕事一辺倒ではないのがF&Gの良いところでもあります。働く、休む、この切り替えがしっかりしており、残業はほぼありません。数年前にタイで結婚し、子供のいる私にとってこのワークバランスの良さは、何ものにも代え難い(笑)と言っていいほどに助かっています。休日には、子供の習い事の付き添いや、ママ友と一緒に羽根を伸ばす時間もしっかり確保できており、余裕を持って子供に向き合うことができています。また、会社は近代的なビルの高層階に位置しており、非常に眺めの良い美しいオフィスです。そのせいか、社内もとても穏やかな雰囲気で、誰にでも気軽に話しかけたり相談できたりする点も気にいっています。転職には、様々な想いがあるかと思いますが、ぜひ、F&Gで一緒に働きましょう。責任感があり臨機応変な対応に自信のある方のジョインを心からお待ちしております。