Staff Long Interview
先輩スタッフがじっくり語る 職種別ロングインタビュー

あなたが紡ぎだす言葉がF&Gを伸ばす

Web編集/ライター

入社2年目 30代男性

●入社の理由

出版業界から羽ばたくWebの世界

紙に情報を載せ、大量に印刷することで多くの方に物事を伝える。昨今の出版業界は、100年単位で続いてきたこの大原則の見直しを、否応なしに迫られています。私はこれまでこの業界に身を置き一通りの経験を重ねてきましたが、“紙だけの編集スキル”では、遠くない将来、限界がくるものと感じていました。

そこであらたなスキル取得を目指し、転職活動となったわけなのですが、その際に求めたポイントが二つありました。一つ目は、編集者のスキルを活かせるWeb分野の業務ができること。二つ目は、チャンスが多い大都市圏内での勤務が良いといった内容でした。一つ目はともかく、二つ目にいたってはIT企業の多い東京や横浜あたりかな、くらいにしか思っていなかったのですが、まさかバンコクに来ることになるとは(笑)実は自分が一番驚いています。

でも確かに、F&Gはこの条件にぴったり当てはまっています。ずっと日本語漬けの仕事だった私にも、海外で働くチャンスがある。いつのまにかアジアは、とっても身近な存在になっていました。

●この仕事でよかったと思う瞬間

新たなスキル獲得への確かな手ごたえ

web編集/ライター
コンテンツを制作し情報を発信する、といった根本は同じですが、現在の業務を経験してみると、やはり紙とWebでは、その仕組みも狙う角度もまるで違っていました。
例えばWebの場合、内容の質はもとより、紙の世界にはまったく存在しない“検索エンジンにかかるようにする”(SEOライティング)といったテーマも、制作をする際に内封しなければなりません。また、そのためには、コンテンツの総合的な完成度よりも、情報の物量や、ページの構造、グーグルアルゴリズムなどを優先して制作するといったアプローチも必要になったりします。コンテンツの価値を検索エンジンから適切に評価してもらうためのこれらの技術や考え方は、同じ編集でありながら、私にとって非常に新鮮でしたし、これらの手法を学ぶことこそ、望んでいたものの一つでもありましたので、このF&Gで現在働くことが出来て本当に良かったと思っています。

●一緒に働きたい人

スキルよりも、カラッと前向きな方と

今回募集をするWeb編集/ライターの業務は、自分そのものを表現することで収入を得ている小説家や詩人のような職種とは根本的に異なります。大切なのは、「誰でもわかる」コンテンツや文章をつくること。一見簡単そうにみえますが、これが実は非常にやっかい。まず、自分と異なる価値観や考えを持つ人のことを理解しようとしない方には、「誰でもわかる」コンテンツはつくれません。このスキルは、例えば周囲の大半の人に「この文章は意味がわかりません。良い印象を受けません。」と言われてしまったら、「こんな風に考える人もいるのだな。」と素直に認め、再考したり手直ししたりし、次にも生かす…。この作業を延々とこの繰り返すことでしか獲得し得ないものだと考えています。ですので、現状の能力というよりは、常に素直で前向き、そして、カラッとした未来志向を持っている方と、長期的な視点をもって一緒に仕事をしたいと思っています。遠い異国の地ではありますが、ぜひ、共にひと花咲かせましょう。

●将来の展望

急成長の次の成長を目指して

F&G
ごまんとあるECサイト業界の中では、サイトが大きく成長すればするほど考えないといけないのが、強大なライバル達の存在です。そしてそのライバル達との実力差は、実際、価格などで勝負するのも限界があり、どんどん小さくわずかなものになっていくといわれています。Web編集部はまさにそんな時にこそ、大きな力を発揮する部署だと思っています。他社とは異なる商品の魅力をより巧みに引き出し、ユーザーにとって読みやすく、かつ、読み進めたくなるような文章を作り、より信頼性の高いコンテンツにすることでブランド力を向上させる。つまり差別化を図る頭脳として、今後はより一層無くてはならない存在へと進化をし続けなければなりません。また、その進化こそがF&Gの進化にも直結することになるはずです。F&Gの次なる成長を目指し、あなたが紡ぎだす言葉たちに期待しています。