Staff Long Interview
先輩スタッフがじっくり語る 職種別ロングインタビュー

自らの企画が花開いた瞬間がたまらない!

Webディレクター

入社1年目 30代男性

●入社の理由

海外で働くことが私にも出来る

海外で働く。日本のWeb制作会社で働くごくごく普通の日本人だった私にとって、それはどこかTVドラマのように遠い世界の話でしかありませんでした。英語を始めとする外国語には苦手意識(今でもほぼ使用できず勉強中です)がありましたし、外国の方特有のあのテンションにも、どちらかと言えば一歩引いて遠巻きに見るタイプ…。

とはいえ、これだけグローバル化が進んでいる現代です。いつしか日本の街にもどんどん外国の方が増え、ネットによって様々な国々の興味深い情報も自然に入ってきます。いつかは、こんな世界の方々と本音でコミュニケーションをとれたり、自力で異国の地で働けたりしたら、それは人生的に本当に素晴らしいなといった思いが漠然とあったのは確かです。

そんな折りに、旅行に来たのがこのタイ、バンコクでした。短期での滞在でしたが、不思議なくらい自分にフィットし、素直にこの国で働いてみたいなと思ったのです。年齢もすでに30を超え、結婚もしていたので、まず妻に丁寧に相談し了承を得、転職活動を開始。IT業界でのこれまでの経験を活かせるF&Gに応募した次第です。

●意識している点

自ら考え、自ら実践するということ

ミーティング風景
私がF&Gを志望した際、業務内容において一番興味を惹かれたのは、F&Gが自社運営のサイトを持っているといった点でした。前職においては、クライアントからOKがでれば、それで任務はほぼ完了といった環境でしたので、いつからか試行錯誤しながらモノづくりをする思考やその感覚は劣化してしまい、仕事に物足りなさを感じている自分がいました。ゆえに、ページ制作から商品販促に至るまで、すべてを自社で運営をしているサイトを持ち、そこに参加できるF&Gに惹かれたのだと思います。実際、入社後の現場でも求められるのは、“結果を出せる”主体的な思考力と実践力。物事をどう捉え、どう行動すれば売上を伸ばすことができるのか?まだまだ勉強中ではありますが、幅広い視野と角度を意識しながら、日々業務に取り組んでいます。また、売上に直結しやすい業務のため、責任も重大ですが、その分、自ら考えたキャンペーンなどの企画が当たった時などは、もう天にも昇るような気持ちになりますね♪

●今後の目標

学べる環境完備、あとは自分次第

ウェブサイトのUX及び、オペレーション機能改善におけるディレクションスキルの向上。これらは、Webディレクター職として当然、目標の上位を占めています。しかし、我が社のディレクター職には、さらに必要不可欠な要素があります。それは“販促(PR)を主とするマーケティングスキル”。言わば、売るスキルです。自社運営サイトを持つF&Gでは、いわば、毎日がこのマーケティングの学びの場といっても過言ではありません。日々のプロジェクトの成否は、明確な数字としてリアルに把握することが出来ますし、何がよくて何が駄目だったのか?身を持って勉強することが可能なのです。また、現在の私のマーケティングに関する目標は、SEMとアドテクサービスの知識を高め、より効果的な広告戦略とそのコンバージョン向上を図ること。予算計画策定から分析まで、責任ある仕事を任せられており、この仕事を成し遂げ、そしていつかは、自分なりの手法というものをさらに確立していきたいと、密かに意気込んでいます。

●メッセージ

想像以上に進んだ世界に羽ばたこう!

タイのオフィスビル
格安のLCCが毎日運行され、インターネットも整備され日本の状況も丸分かり…。実際こうしてバンコクで働いてみて、日本と“アジア”は私の想像以上に近くなっていました。東京で働く?それともバンコクで働く?まさに選択肢が同列に並ぶ感覚です。また、バンコクの都会ぶりと生活のしやすさも想像以上。オフィスは高層階で美しく、タイの人々はのんびり屋さんの方もいらっしゃいますが、基本みんなやさしい方ばかり。ですので、語学力うんぬんというよりも、固定概念にとらわれない柔軟な発想を意識できる方であればきっと、仕事も生活も楽しんで暮らすことができるのではないかと思います。人の環境はそれぞれですので一概に言うことはできませんが、“バンコクに移住できる環境”をお持ちであるなら、ぜひ、具体的に検討してみてはいかがでしょうか。世界が一気に広がるはずです。