Medical Service
タイの医療事情

タイの社会保険制度

タイには、日本と同様に社会保険制度があります。
就業者1名以上の民間企業に加入の義務があり、外国人も含め全従業員が加入しなければなりません。
当社へ入社の場合は、タイの社会保険にご加入いただきます。社会保険料は毎月給与から天引きされます。

タイの社会保険では、国が指定している病院(有名国立病院など)を選択することができます。
また、病気や怪我など基本的な診療や薬の費用はすべて無料です。

しかし、基本的にタイ語での診療となりますので、外国人にとっては難しい面もあります。

民間保険(任意)

当社では、大手保険会社医療保険の契約をしております。
この保険は任意加入ですが、現状全日本人社員が加入しており、1回の受診で3,500バーツまで保証されます。(保険料月払い)
風邪などで診療を受ける場合、通常3,500バーツ以内で済みますので、キャッシュレスで受診可能です。

また、社会保険では適用されない「バムルンラード病院」「バンコク病院」「サミティヴェート病院」などの私立病院にも適用されます。
これらの病院は、基本24時間対応で、最新の医療機器が揃っており、日本語通訳サービスがありますので言葉の面でも安心です。

病院名 特徴
バムルンラード病院 BTSナナ駅から徒歩圏内ですので、とても便利です。日本人専用受付もありサポートは万全で、施設・医療機器ともに最高レベルと言えます。高級ホテルのような豪華な作りになっています。日本人も多く利用しています。
バンコク病院 東南アジアで最大の私立病院です。日本人専用クリニックがあり、言葉の不安なく最高水準の医療サービスが受けられます。
公共交通機関から少し離れていますので不便ですが、無料送迎シャトルバスが出ています。
サミティヴェート病院 多くの日本人が住むエリアにあり、日本人の利用者も多いので対応にも慣れています。日本人専用窓口があり、通訳サービスもありますのでとても安心です。最新の医療機器を完備し、国際基準の医療を受けられます。